本文へ移動

保育園について

上野の森口保育園では、幼児期に非認知的能力(人間として生きていく力を育む)が培われることを踏まえ、一人ひとりの主体性、自主性の尊重、情緒的な関わりを大切にしています。
子ども一人ひとりにより発育の状況、さらには日々の状況により興味、関心の芽はいたるところにあります。楽しい遊びの中で子どもたちは様々な事を学んでいます。遊びの中でその視線の先にあるものは何かという事を保育士が見とり、受容し、応答的に関わる保育を行ないます。
定員40名の保育園の特徴として、保育士全員が全クラスの日々子ども達一人ひとりとの関わりを大切にした保育を実施しています。幼児期の大切な時期、保育者や異年齢の子ども同士の多様な関わりを通して、人間形成の基礎を培う場所として、また生涯にわたる生きる力の基礎を培う重要な時期の子どもたちの成長をお支えします。
大切な時期の子どもさんの成長を間近で見られることを大変嬉しく思います。子どもと保育者が一緒に落ち着いて過ごせる“第二のおうち”のような存在になりたいと思います。

保育年齢

0歳~5歳児まで ※4月1日満年齢

保育理念

子ども一人ひとりを大切に、保護者からも信頼され、地域に愛される保育園

保育目標

  • 充分に養護の行き届いた環境の下に共に育ちあう子ども
  • 運動・食育を通じて、健康でたくましい子ども
  • 体験や環境を通して、感じたこと、思ったことを豊かに表現できる子ども

保育方針

  • 「一人ひとりを大切にした保育」どんなに小さな子どもでも立派な一人のかけがえのない存在として認め、一人ひとりの欲求を受け止め、「ありのまま」を受け入れ、その時々に沿った対応や援助を行う。
  • 「たっぷりの愛情を注ぐ保育」職員一同愛情豊かに接し、安定した情緒の下、子どもたちが生活時間の大半を過ごすふさわしい場所として、安心でき、くつろぎ、安らげる「第二のおうち」のような園を目指す。
  • 家庭と密に連携をとりながら、一人ひとりの状況や発達過程を踏まえ、心身ともに健康な子どもに育つよう援助する。

自分たちで育てて食べる 食育の取り組み

  • 毎日口に入れている食べ物を実際に育てて、収穫して、自分たちで調理しておいしくいただく。子どもたちは初めて体験を通して食への関心や食べることの大切さを学んでいます。上野の森口保育園では小さな菜園ですが、季節ごとの野菜や果物の成長を楽しみながら育てておいしくいただいています。
  • 安心で安心な給食やおやつを提供するため、食材はコープおおいたの店舗より毎日配達していただいています。

園の概要

住  所
〒870-0822 大分市東大道1-8-15 カサベルデ駅南2階
連絡先
TEL.097-576-8592(受付時間/7:00~18:00)
開所日
月曜日~土曜日(休所日/日・祝及び年末年始)
開所時間
(2・3号認定)
〇7:00~18:00(延長18:00~19:00)
延長保育料:150円(15分)
〇短時間認定8:15~16:15(延長7:00~8:15、16:15~19:00)
延長保育料:100円(1日)
施設長
田中 啓太
保育士
常勤換算6名・非常勤3名
利  用
市役所へ申込書等資料の提出が必要です。
給  食
自園調理
保育料
保育料の算定は、市の基準に基づきます。
経営主体
株式会社コープキッズおおいた(生活協同組合コープおおいた100%出資子会社)
歳 児
0歳児
1歳児
2歳児
3歳児
4歳児
5歳児
合 計
定 員
3人
6人
7人
8人
8人
8人
40人

《姉妹園》中春日保育園とは

コープキッズおおいたが運営する、上野の森口保育園の姉妹園。「子どもにとってどうなのか」をすべての判断基準とし、遊びの中の学びを中心とした質の良い保育や食育等にも力を入れています。
幼児期の多感な時期にたくさんの経験値を高めることを目指しています。
中春日保育園のWebサイトはこちら 
 
TOPへ戻る